2015/08/27 2015年度最賃改定答申、全国加重平均額798円/厚労省

2015年8月27日

厚生労働省は、2015年度の地域別最低賃金額改定に関する地方最低賃金審議会の答申状況を公表しました。全国の加重平均額は798円、昨年度より18円の引上げで、最低賃金額が時給のみで示されるようになった2002年度以降、最大(昨年度は16円)となり、最高額は東京都の907円となります。 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000095389.html